鷹光器株式会社、京都大学医学部附属病院、パナソニック株式会社は、従来エンターテインメントの場でのみ普及されていたプロジェクションマッピングの技術を応用し、医療現場で課題になっていた臓器が動いたり変形したりしてもリアルタイムに追従し手術ガイドを行う、世界初の支援システムを開発した。

 以前より術前に取得したCT・MRIなどの体組織情報を基に、病巣の位置確認などのシミュレーションや術中ナビゲーションを行う機器は開発されてきた。しかし、術中の体組織変形などによる位置ズレに対して課題があり、リアルタイムな手術ガイドは困難だった。

 プロジェクションマッピング技術を用いれば、近赤外蛍光観察で得た体組織の血流情報等を直接臓器に投影することにより、術者は患部に集中することができる。また、プロジェクションマッピングによる今までにない直観的なリアルタイムガイドと、状況に応じて自在に装置を的確に患部に向けることができるアームシステムを使用することで課題解決が可能と考えた。

 そこで、蛍光観察カメラとマッピング用のプロジェクターを同軸光路上に配置することで、患部観察情報と投影映像にズレ(±2㎜以下)が生じない仕組みを開発。これにより、臓器の移動や体組織の変形にリアルタイム(0.2秒以内)に追従し、直視下での手術継続を実現可能にした。

参考:【日本医療研究開発機構】世界初のプロジェクションマッピング技術を応用した手術ガイドシステム「―Medical Imaging Projection System―MIPS(ミップス)」―産官学連携開発プロジェクトが遂に実用化へ―

記事一覧に戻る