麗澤大学は2020年2月、麗澤大学大学院学校教育研究科道徳教育専攻を母体とする「麗澤道徳教育学会」を設立した。大学院を母体とする道徳教育の学会の設立は日本で初めてとなる。

 近年、道徳の教科化に伴い、教科教育学としての道徳教育学の確立が課題となっている。そこで今まで以上に、学問領域としての道徳教育学を活性化させ、理論と実践の対話を促進すべきとの考えから今回の設立に至った。

 学会では、学会誌の刊行や大会の開催などを通して大学院の研究活動を広く国内外の学界に発信し、研究交流を推進して行くことを目的としている。学会誌の名称については『道徳教育学研究』とすることが予定されているが、「道徳教育学」を名称に入れた学術雑誌も日本初となる。

 今回の学会設立に伴い2020年2月15日(土)13:30より設立総会が実施される。会場は麗澤大学校舎あすなろ5階、2508教室である。なお入退場は自由で参加費無料。

参考:【麗澤大学】日本初 大学院を母体とする道徳教育学会「麗澤道徳教育学会」設立 教科教育学としての道徳教育の確立を目指す

記事一覧に戻る