2020年3月19日、国際教養大学は授業開始日を4月20日に繰り下げ、全てオンラインで授業を実施すると発表した。当初、4月9日からの授業開始にあたり新入生は4月1日に入寮するようアナウンスしていたが、全学生が原則として自宅での履修に変更となる。

 国際教養大学は新入生全員に1年間の学生寮の入寮を義務付けており、学生全体の83%が共同生活を送っている。また世界各地の留学生が年間200人以上滞在し、講義をはじめ、グループワークなどの学内外の活動を行っている。こうした環境により新型コロナウイルスの感染リスクが高まることへの懸念と、交換留学制度を敷く海外提携大学がオンラインによる遠隔授業を実施するにあたり同様の履修環境を提供するため、今回の決断に至った。

 鈴木典比古学長はホームページで「秋学期以降、情勢が落ち着きましたら、キャンパスで共同生活を送り、通常の講義形式とすることとしますが、学生の皆さんの健康と安全を第一と考え、このような苦渋の決断をしたところでありますので、皆様の御理解と御協力をお願いいたします。」とコメントしている。

参考:【国際教養大学】2020年春学期の授業体制について

記事一覧に戻る